チャットボットの上手く行っている事例としてよく上がるのが、商品のサポート対応です。購入した商品で聞きたい事やおかしい点があった場合、客はお問い合わせに連絡します。その方法は電話であったりメールであったりしますが、そこで使われ出しているのがチャットです。チャットは文字を使った会話なので、結局人とのやりとりと思われがちですが、そこで使われているのがチャットボットで、AIが判断して自動で会話をしているのです。

AIとの会話が上手く行くか不安になるかもしれませんが、通常の会話は音声で聞き取りにくい場合もあるのと違って、文字であれば読み取り判断がしやすいのです。打ち間違えたら直してくれるでしょうし、読み取りやすさが音声と文字とでは格段に違います。事例で言うと例えば家電のお問い合わせに連絡すると、チャットボットがまず購入済みの話かこれから購入する話かを選択肢で聞いてきます。これはチャット上に選択肢で表されるので、客としては選ぶだけで返答が出来て便利なシステムです。

チャットボット側としても状況が絞り込まれてくるので、次の選択肢を提示しやすくなります。この事例の様に、そもそも特定の商品に関わる問い合わせという事なら、それほど広い話ではないのでチャットボットで対応しやすいのです。スタッフが完全にいなくてもいいという訳ではありませんが、簡単な質問を裁いてくれるだけで難しい質問に集中すれば良く、人員削減に一役買っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です