チャットボットをWEBマーケティングに利用する時には、顧客の目線で対策を講じることができているかどうかを確認することが最も重要です。チャットボットは、簡易的にコミュニケーションを行うことができるものとして提供されていますが、そのまま利用したとしても有効活用することは難しい現実が存在します。きちんと効果の高いものとして利用するためには、サポートを行うことができるだけの準備をしなくてはいけません。実際に、顧客からサイトを通して問い合わせがあったときに、全く的外れな事をいってしまうと利用する意味が無くなってしまいます。

現在のチャットボットでは、様々なサービスが提供されていますが、この中でも特にWEBマーケティングとして利用することができるのが機械学習を行うことが可能な機能を有しているものです。文字通り、顧客の目線に立って融通の利く対応ができるようになるのが大きな魅力です。そもそも、自社のサイト構成と他社のそれでは全く異なりますので、AIを活かしたものを導入するとはいっても、同じような形で利用していくことはできません。AIは、確かに応答内容などを勉強していくことはできますが、あくまでも一定の方向に成長できるだけであって、万能的な対応を求めることは難しい現状です。

ただ、自社サイトだけに特化した成長を促すことはその限りではありません。きちんとサポートに徹するようにWEBマーケティングから応答を学習させれば、十分に使えるものになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です