WEBマーケティングはインターネットを使った広報活動であり、目的は大きく分けて2つあります。それは優良な顧客を呼び込み、リピーターになってもらうことです。そしてもう1つは消費者や市場に商品を認知してもらい、商品の魅力をアピールすることにあります。この2点を目標にして逆算して、何が必要なことなのかを考える時点でWEBマーケティングは始まっているのです。

WEBマーケティングは情報を公開するのが早ければ早いほど良いと言われているのですが、それには理由があります。WEBの機能にはアクセス解析ツールというものがあり、プログラムを埋め込むことで転換率やアクセス経路などと共に、滞在時間や購買活動などを分析することが出来るのです。WEBマーケティングのページを早めに作ることで、手応えが薄ければ方向転換もしやすくなります。データ情報を逐一集積して、分析しながら軌道修正が可能なことがインターネットの強みになるのです。

チャットシステムを可能であるならばマーケティングページに組み込み、カスタマー担当によるヒアリングをフィードバックすることも情報収集には極めて有益になります。マーケティングの問題点や改善点を、実装状態で確かめながら問題解決の糸口に出来るのでチャットシステムはユーザーにだけではなくWEBマーケティング側にも有益なシステムなのです。例えば商品の特典について分かり難いことがチャットシステムで反映したならば、社内のチームに報告して問題点を洗い直すなどの行動へ移すことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です