チャットボットは、人間と簡易的な応答ができるツールです。基本的に、決められた文章だけを吐き出すことになりますので、想定外の質問をされたときに内容のある答えにならないケースがあるのが弱点です。元々、チャットボットはその名前の通りボットとして活動することになるため、一度プログラムを走らせると同じような言葉しか発することができません。いくつかのパターンを入力することはできますが、それを人間的な自然な応答にすることは難しかったという背景があります。

ところが、近年で登場しているチャットボットは、簡易的な接客程度であるのならば問題なくこなすことができるようになっています。これは、機械学習を取り入れたチャットボットが数多く登場しているからに他なりません。確かに、機械学習であっても決められた学習をしなくてはいけないことに違いはありませんが、その選択の幅に大きな違いを持たせることができます。例えば、想定した回答を相手が望んでいるときには、それに近いものを選択できるようになります。

接客をするときにこういったAIのチャットボットを利用できるのは、機械学習を通すことによって簡易的な応答を学んでいくことができるようになるからです。接客態度には、いくつかのパターンしか存在しませんのでそれを学習していくことで、ユーザーから質問などがあったときにそれに対応できるようになります。何度も学習させることでその制度は高くなるので、コストパフォーマンスも高いといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です