接客の1つの手段として、チャットボットを有効活用することは利益を上げることにも繋がります。昔は、チャットボットは簡潔な応答しか行うことができなかったので、人間的なサポートができないという難しさがありました。しかし、チャットボットに高度なプログラムを搭載することができるようになってからは、比較的簡単に人間的な応答ができるようになっています。これは、AIの技術を利用しているチャットボットが典型です。

決められたプログラムに従って応答を行いますので、普通はそれ以外の質問を行ってもまともな会話にならないという問題点がありました。しかし、AIで利用されている機械学習の技術を搭載したサービスを利用することで、この問題点を解決できます。自社専用の学習を行わせることで、ユーザーに対して十分なサポートができるようになっています。例えば、自社サイトには問い合わせフォームなどが準備されていて、そこに質問等が送られると時間をかけてユーザーに返信、つまり接客しなくてはいけませんでした。

当然、こういったサポートを行うための人材を確保しなくてはいけませんし、何よりも長時間で人材を拘束してしまうリスクもあります。このような、WEBマーケティング上での接客対応を効率的に任せることができるようになるのがチャットボットの魅力です。人材を使うわけではないのコストが非常に安いですし、運用管理がとても楽なので長期で利益に繋がるサービスを実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です