自社ホームページ内に、顧客と応答が可能なチャットを導入する企業は増えてきました。このツールは、WEBマーケティングで有効であるという点と、集客を効率的に行うことができることと様々なメリットがあります。実際に、導入事例を考慮していくとその有効性を確認できます。例えば、ホームページ内にチャットを導入するとサイトの管理を行う必要が無くなります。

自社ホームページ内に問い合わせフォームなどを準備しているときは、それに対応できる人材を常に確保しておかなくてはいけません。特に、顧客がすぐに返信が欲しいと考えているときには、すぐにメールなどで返答をすることが重要です。しかし、現実的に考えてそのようなことを行うのは困難です。これは、ホームページは365日24時間で稼働し続けることが普通だからです。

人材を確保したとしても、会社が休みの日まで対応させることは現実的に不可能であり、この部分で必ず遅れが生じます。この点、チャットを利用すればこのような問題点を解決できます。この事例の場合は、24時間で稼働し続けるチャットを導入しておけば、それが自動的に返答を行ってくれますので人材を確保する必要が無くなります。また、こういった事例で利用し続けると不必要な場所に人材を置かなくても済むようになるので、コストダウンを実現できます。

チャットは、24時間稼働し続けたとしても大きなコストにならず、月額でわずか数万円程度で終わらせることもできるため非常に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です