「マーケティング」とは、顧客が欲しい商品やサービスの作成と告知を行い、顧客がその価値を効果的に得られるように導く事です。そして、「マーケティングオートメーション(MarketingAutomation)」とは、旧来のマーケティング活動にて、人が何度も繰り返していた定型的な業務や人だけでは多大な時間がかかる複雑な処理や大量の仕事を自動化して効率的に行えるようにし、マーケティングの結果を可視化する仕組みを構築する事を指します。また、これらを実現するソフトウェアやツールの事を指す場合もあります。マーケティングオートメーションの英語である「MarketingAutomation」を略して「MA(エム・エー)」と呼ぶ場合もあります。

マーケティングオートメーションは、獲得した見込み客の情報を一元管理し、主にウェブサイト・メール・SNSなどのデジタルチャネルを自動化します。また、マーケティングオートメーションのツールを分類すると、サーバー型・ソフトウェア型・クラウド型などがあります。元々、法人向けビジネス(BtoBビジネス)は、営業組織が中心になって行われていましたが、近年、BtoBビジネスの分野においても、デジタルマーケティングの手法を取り入れて、商談発掘のプロセスをシステム化し、コスト削減と売上アップの両立をはかる企業が増加しています。この商談発掘プロセスのシステム化において大きな柱となるのがマーケティングオートメーションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です