マーケティングオートメーションは、企業活動におけるマーケティング手法のひとつです。定型的な作業や時間とコストがかかる大量の処理を自動化し、マーケティングの効率を高めるシステムのことを指します。また、そのシステムを実施するソフトウェア自体を差す場合もあります。従来は、新規の客を開拓したり既存の顧客に対応するのは人の手による活動が主流でした。

一般ユーザー向け商品であれば街角アンケートを行なったり、顧客名簿を使って電話で営業をかけるなどしていました。企業向け商品であれば展示会を開くなどのマーケティングを実施してきましたが、いずれも費用と手間をかけたほどの効果が得られていないのが現状です。そこで必要となるのがこのマーケティングオートメーションです。マーケティングオートメーションでは、情報をインターネットなどで効果的に収集し、その情報を元にしたデータベースを自動的に管理・分析してビジネスに活かすという部分にポイントが置かれます。

そのために必要な機能をパッケージ化したソフトウェアを利用しすることで、クラウド化するマーケティング業務に対応していけるのです。ただしマーケティングオートメーションは、従来の営業手法を否定するものではなく、むしろ支援していくツールでもあります。例えば展示会やセミナーの開催など、マンパワーによるマーケティング活動を効率的に行うため、あらかじめ見込み客を創出しておくという目的でも活用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です