スマートホン等が普及した現在では、日々触れることができる情報は格段に増加しています。しかし情報が溢れすぎて、本当に届けたいメッセージを必要な相手に届けることが難しくなってきました。顧客の消費行動の変化により、マーケティングの手法も複雑化しています。そのためマーケティングのやり方を大きく変えなければいけなくなりました。

そんな時にマーケティングオートメーションが役立つのです。顧客それぞれの興味に対応したコミュニケーションを実現し、長期間の関係を築くことが可能なプラットフォームです。マーケティングオートメーションの機能で代表的なものはページの作成です。簡単なページを作成でき、ランディングページや登録フォームなどを作る機能として搭載されていることが多くあります。

次に顧客の管理を行います。リード管理と呼ばれるもので、属性や行動履歴を保存し、ウェブサイト上での履歴をルールに則ったスコアリングを行って数値化します。その情報に基づき、顧客に対してメールを配信したり、様々なデバイスを介しソーシャルメディアへの拡散を行うことができます。いくらでも細かい設定をすることはできますが、ただ闇雲に施策を増やすだけでは、逆に手間がかかって効率が悪くなってしまいます。

これをやれば必ず売り上げが上がると断定できる筋書きはありませんので、試行錯誤を繰り返しながら成功パターンを探します。顧客が製品に対して共感を持てるような、マーケティングオートメーションを導入していくことが大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です