マーケティングオートメーションという言葉は最近になって使われるようになりましたが、もともとは1990年代にアメリカでスタートしたもので日本で使われるようになったのはつい最近の2014年頃からです。通称は略してMAとも言われていています。マーケティングオートメーションとはマーケティング戦略のなかのひとつですが、獲得した見込みのある顧客の情報を管理してWEBサイトやメール配信などによるマーケティングを自動化して行なうためのソフトウェアのことを言います。つまり、その商品に対しては興味や関心はあるもののすぐには購入する意思がないという顧客や商品に対してはは興味や関心があるが購入することの必要性を感じないために結局は購入をしないという見込みのある顧客を獲得して、性別や年代ごとにどのようなメーカーのどのようなものが売れる可能性があるのかということを自動的にデーターによって行なうことで顧客の再獲得のチャンスや長い期間にわたって利用をしてもらうことに狙いをしぼった方法です。

つまり、メール配信などのサービスを行なうことで商品に対して興味や関心を持っている顧客を獲得したり、サービスを行なうなかでより長くサービスを利用してもらうための工夫というものがマーケティングオートメーションです。それぞれの顧客に合ったコミュニケーションをしていくことで長期的にサービスを利用してもらえるという可能性を大きく秘めたサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です