マーケティングオートメーションとは、デジタルマーケティングにおいて見込み客の情報から有効な商談を創造するための機能を総合的に有しているソフトウェアのカテゴリです。顧客一人ひとりの興味や関心に対応したコミュニケーションを行おうとすると、従来の営業手法では営業担当者のカバーできる見込み客に限りがあり、営業機会を喪失することがありました。リストはあっても確度が低い見込み客は後回しになり、捨てられていました。マーケティングオートメーションは取得した顧客リストに基づきメールでの情報発信やホームページへの誘導を行い、顧客毎の行動特性を分析した上で、有効な顧客情報を営業に提供することができます。

これまで営業担当者が取りこぼしてきた確度の低い見込み客へも継続的に情報発信を続けることで、有効な顧客へ昇格させることが可能です。メールでの情報発信はメールマガジンの作成だけで精いっぱいだった場合、メール配信自体も自動化しメールの開封率を向上させることも可能になります。マーケティング部門が営業に渡すことのできる見込み客の数自体を増加させることができます。マーケティングオートメーションで見込み客情報をデータベース化することにより情報発信と見込み客の管理を行うことができるようになります。

商談発掘プロセスをシステム化することでこれまで営業担当者個人の能力に依存してきた営業活動を数値的・組織的に管理できるようになるのです。チャットボットの事例のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です