ECサイトの運営や旅行や人材や金融に美容、コーポレートやメディアなどあらゆる分野で顧客満足度を上げるためにはWEBマーケティングが不可欠です。またWEB接客は商品の特長やブランドの強み、サイトの便利な機能を訪問者に正確に伝えないと情報のミスマッチが起こり訪問者の離脱に繋がります。そこでおすすめしたいのがユーザーの属性や状態に合わせて最適なタイミングで情報を訴求できる、ひとりひとりに合わせたコミュニケーションをとるWEB接客ツールです。サイト来訪者は新規顧客から既存顧客、性別や趣味嗜好など多岐にわたる性質やニーズを持っていますが従来のサイトはユーザーに合わせることができなかったのです。

しかしWEB接客ツールを使えばタグから、ユーザーの会員属性や購買情報や閲覧情報などを収集するWEBマーケティングを行うことができます。また収集した情報をもとに同じような属性や課題、興味等をもつユーザーをグルーピングしグループごとにユーザーの課題やニーズに応える接客行動が可能になります。WEB接客ツールを使うことでWEBマーケティングができるだけでなく、顧客単価やコンバージョン率をアップさせて訪問客の離脱率が下がります。その他ではプライベートDMPに保有しているデータの活用や広告流入ユーザーの集客を効率化、キャンペーン訴求更新の業務を効率化に貢献します。

WEBマーケティングサービスはアパレルや食品やドラッグストア、電力通信や地方自治体などで導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です