WEBマーケティングとはインターネット上での商品やサービス、顧客データ管理のための大切なマーケティングのことです。事例としては企業から消費者が購入することで生まれる1対1アプローチ、WEB上の広告をクリックした層を調査することで特定のターゲットへどうアピールするか、国や県など特定の地域で売れやすい商品をマーケティングするジオターゲティングなどがあります。現実の市場調査と違い、インターネット上だけでデータを収集することができるため人件費などの経費を大幅に削減できる、調査に答える側も気軽に答えてくれるため多くのデータを集めやすいなどの利点がありとても便利です。WEBマーケティングでは集客や再訪問や購入など目的によって手法が変わり、集客にはSEO対策やバナー広告、再訪問には商品購入サイトへの訪問履歴があるユーザーに表示する広告が効果的との事例があります。

ただし訪問履歴のあるユーザーにメールを送るメールマーケティングは、すぐにメールの配信停止でシャットアウトされてしまうという事例も出ており、配信頻度によっては逆効果です。SNS上で行ったWEBマーケティングではバナー広告にクリックさせて商品ページへ飛ぶよりも、商品の担当者のアカウントが実際に使い勝手を宣伝するコンテンツマーケティングという手法の方が、クリック数が上がるという事例が出ています。このように消費者や宣伝する場所によって広告手法を変えると良いというのが解析できるのも、WEBマーケティングの成功事例のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です